2013年10月07日

緩和ケアの講座をうけて

 10月5日(土)メイプル小ホールで開催された「緩和ケアってなに?」という市民医療講座を受講しました。たまたま稲ふれいセンターで出会った友人から誘われ、オレンジゆずるバスに乗ってメイプルホールについたらちょうど始まる時間でした。私のまわりにもがんを患う人が結構おられるので、一度しっかり緩和ケアについて知っておきたいと思っていました。

 箕面市立病院の緩和ケアチーム医長の西原先生とガラシャ病院のホスピス医長の森先生のお話はとてもよかったです。ホスピスというと最後に行き着くところという固定観念があったのですが、患者さんの人生の休息場というイメージで捉えなおすことができました。また痛みをコントロールすることで、生活を前向きに整えるという緩和ケアのとりくみ、そしてそのために多くの専門集団がチームを作って支えてくれることはとても心強いことです。治療だけでなく、心の支えが必要です。がんサロンという場も作っておられることも知りました。家族や友人、そして自分もいつがんにかかるかわかりません。
posted by なおたん at 12:49| 健康

2011年11月02日

チェアビクスでむりなく自分の体のメンテナンスを!

 週に一度、箕面の中小学校の前のコミュニティーセンターで行われるチェアビクスという体操に通っています。「チェアビクス」とは文字通りイスに座ってする体操です。たった1時間ですが、田中真澄先生の指導はソフトでありながら意外とハードです。

 先日FMみのおの取材があり、箕面市のホームページでも紹介されました。普段使わない筋肉を使ったり、ゆがんだところを整えたりすると、体が内部から温まり、体が軽くなるような気がします。最近はあちこちに民間の女性向きの体操やエステがさかんですが、10人程度のこじんまりした自主サークルで、協力しながら、和気藹々とやっています。体のメンテナンスをしっかりやりながら、高齢期を迎えたいと思います。このほかにヨーガもやっていますが、どちらにも共通することがたくさんあります。私の健康維持の秘訣です。

img20111109142755953.jpg
posted by なおたん at 12:49| 健康