2017年05月31日

箕面の船場のまちが変わる

船場西公園A.jpg船場東.jpg 5月30日、真夏のような日差しを浴びながら、船場西公園から開発工事が始まった船場東のまちを地元の方の案内で歩きました。
船場西公園は、業務地区と住宅地域をセパレートするいわばグリーンベルトです。地元の方々がお花の手入れをされたり、お掃除したり、地域の憩いの場となっています。クローバーは土を肥やしてくれるというので、クローバーを増やしているとのことでした。ここにあらたに地下鉄延伸によってできる船場新駅からのアクセスとして、歩行者デッキの新設が計画されています。
 すでに地下鉄延伸工事や開発される船場東エリアではビルの解体工事が始まっていますが、地元の方々は納得されていません。地域の方々の合意形成をはかり、行政と市民が力をあわせなければ、住みよいまちにはならないでしょう。すでに阪大や図書館、文化ホールなどの計画がすすんでいますが、まちづくりの基本がどこかに忘れ去られているのではないでしょうか?
posted by なおたん at 09:45| Comment(0) | 箕面のまち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: