2014年09月13日

防災ラジオドラマにチャレンジ!ー明日は我が身ー

 9月7日、市民活動センターで、タッキー816応援団主催の防災ラジオドラマワークショップを開催しました。、子ども会の子どもたちから高校生、また様々な市民活動をしている方々から市の職員まで多彩な顔ぶれがそろいました。それぞれ5テーブルに分かれて一日がかりで、ドラマのシナリオ作りを体験、最後には各テーブル毎にできたシナリオを発表しました。子どもたちは大人とはまったくちがう作り方をすることも知りました。

 防災ラジオドラマの全国コンテストがあるというのは知っていましたが、たった一日でみなさんの迫真の演技。思わず拍手が会場に響きました。これならば練り上げればコンテストにエントリーできるのでは?ちなみに毎年箕面自由学園の生徒たちが全国上位入賞を果たしています。

 なお、今回のワークショップをもとに、各団体がシナリオ作りにとりかかり、今年中に仕上げて、来年の1月17日の防災週間で、各団体の作品をタッキーで放送する予定です。今回のワークショップは8月17日に開催の予定でしたが、台風11号の直撃により、1か月延期したものです。その後に水害が現実のものとなり、防災は「あすはわが身」の思いで、気を入れて取り組むことができました。

img20140913085815902.jpg
posted by なおたん at 12:49| 箕面のまち