2016年02月13日

元自衛隊員の立場から安保法制をみる

 2月10日夜、グリーンホール大会議室で、元陸自レンジャー隊員であり、加古川市議だった井筒高雄さんのお話しを聴きました。

題して「安保法制で自衛隊と日本はどう変わる?」

彼は今、自衛隊を熟知している立場で安保法制に大きな危機感をもち、全国各地で訴えてまわっています。

その話は、とてもリアルで、危機感がひしひしと伝わってきます。

私たち参加者は、彼の話をどう周りに伝えていくか、問われています。

彼の著書「自衛隊はみんなを愛してる!」を購入してきました。

結文庫の一冊に加えますので、ぜひ目を通してください。

図書館にも置いてもらいたいと思ってます。


img20160213105644156.jpg
posted by なおたん at 12:49| 政治